topへ戻る

外務省海外安全情報

HOME > 外務省海外安全情報 > ポルトガル観光の注意点

2024.07.10|外務省情報|ポルトガル|

ポルトガル観光の注意点

●リスボン市を含むポルトガルでは、すりや置引きが増えています。観光地だけでなく、宿泊先のホテルにおいても貴重品の管理には十分に注意をしてください。レストランでも席を離れる際には財布、携帯電話等を机に置くことなく、必ず持ち歩くようにしましょう。


 ポルトガルでは、すり、置引きなどの窃盗事件が増えています。一部のホテルにおいても観光客をターゲットとした盗難事件が発生しており、日本人観光客の被害も報告されています。
 特に、リスボン市内の観光地(BAIXA地区、BAIRRO ALTO地区、BELEM地区、CAIS DO SODLE地区、PARQUE DAS NACOES地区)を訪問する際には、貴重品の管理に十分気をつけてください。
 観光時はバッグやリュックを必ず前に持ち(背中にリュックを背負っていて、気がついたらリュックのチャックが開いていて、財布等の貴重品がなくなっていたという事案がよく報告されています)、周囲に不審者がいないか気をつけてください。
 宿泊先においては、貴重品を金庫に入れる。また、朝食会場やレストラン等でも席を離れる際に財布、携帯電話等を必ず持ち歩くなど、防犯対策を講じてください。
 さらに、ポルトガル国内では路上強盗やひったくりなども散見されます。万が一、暴力的な事件に巻き込まれた際は、命の危険もあることから、犯人の要求に対して抵抗することは控えてください。
 盗難被害や紛失事案が生じた場合、下記リスボン観光警察署(英語、仏語、西語、伊語可能(日本語不可)に届け出てください。
【リスボン観光警察署】
電話  +351218804030(24時間対応)
E-mail  lsbetur@psp.pt
住所 Terminal de Cruzeiros de Lisboa, Edificio SW, R. Jardim do Tabaco, 1000651, Lisboa
※緊急時は112番(警察、救急、消防共通)に通報してください。

【連絡先】
在ポルトガル日本国大使館 領事班
電話:+351-21-311-0560
Email:consular@lb.mofa.go.jp

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい場合は、以下のURLから停止手続をお願いいたします。
http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
※当館に「在留届」を提出した方で帰国や転居済みの方は、以下のURLから帰国届又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login
※災害や騒乱等が発生した際、御家族、御本人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の提出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者に御案内いただきますようお願いします。

一覧へ戻る

出典:外務省海外安全情報オープンデータ
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/html/opendata/
本ページに記載の情報の内容については情報発信元の外務省・大使館・領事館等にお問い合わせください。